日頃の栄養管理も重要|大事なペットを肝臓病から守るために

肝臓は沈黙の臓器

ドッグ

栄養管理がポイント

犬や猫などのペットの肝臓病は、細菌やウイルスによる感染や薬物接種などによる中毒などにより肝臓の機能が低下する病気です。肝臓には多くの機能があり、生きていく上で欠かせないとても重要な臓器です。ペットの肝臓の役割は、栄養素の代謝や貯蔵、血液成分の合成、毒素の解毒など様々あります。多くの機能を持つ肝臓は、肝臓病になっても再生機能が高く適切な管理によって、回復することも可能な臓器です。その為、肝臓病は症状が分かりづらい時があり、目に見えて症状が出ている時はかなり進行している場合もあり沈黙の臓器とも呼ばれています。予防の為には日頃からペットの様子をよく見て、元気や食欲が無い、水を大量に飲むようになった、歯茎の色が白いなどの症状が見られたら直ちにかかりつけの病院に行くようにします。適切な処置をしてもらい、栄養管理を自宅でしっかり行うことで回復していきます。肝臓病になるとペットの食事の栄養管理は重要で、水は新鮮なものをいつも与えて、フードは消化しやすい高品質なタンパク質やビタミンの多い物を選びます。アルギニンや、亜鉛は肝臓内の代謝を助け、肝機能の改善を助ける働きがあるのでそれらも含まれたものが好ましいです。肝臓の機能を助け、修復する役割があるような物にすることが大切です。また、猫は二、三日間食事を取らないでいると、肝臓の病気になることがあります。猫肝リピドーシスと呼ばれ、特に肥満の猫に発生しやすいので注意が必要です。食事を取らない日が続いたら、早めに動物病院に相談する事が大切です。

チワワ

プロから子犬を購入しよう

チワワを買う際には、健康かどうかもきちんとチェックしておきましょう。また、ブリーダーから向かい入れるなら親や兄弟犬とともに過ごしていたため社会性が身についていることがあるので、おすすめです。

ミニチュアピンシャー

番犬にもなる賢い犬

ミニチュアピンシャーは運動能力が高くて、もとは害獣駆除などの際に働いていた犬種です。そのため、とても元気に動き回る印象が強い犬でしょう。また、飼う際の注意点として足が細いため骨折しないように気を配ってあげたり、気温の変化に敏感なので、寒いときは暖かくしてあげるなどの工夫が必要でしょう。

女性と犬

大事に飼っていくために

チワワを飼う際は、きちんとしつけを行うことが大切です。活発な性格なので一緒に遊んであげる事はもちろんのこと、毛のブラッシングや体の洗浄によって清潔な状態を維持しましょう。また、爪切りや歯磨きも定期的に行いましょう。